それでもセブの海が好き!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ボテ〜テ!!

<<   作成日時 : 2010/06/28 13:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


画像


画像


画像


 体色が変異に富み、黒斑点を散りばめ、愛嬌のある顔をした

コクテンフグ君です。


 さあ皆さん、今回の表題にあるボテーテ

もし呼ばれたら、どの様にお感じなられるでしょうか


 何か挨拶する掛け声の様な響きがしませんか


 その通りです、と言うのは冗談で

実はボテーテ(Botate)とはビサヤ諸島のセブアノ語で

フグを表します。


 因みに、ボテーテでウェブ検索しても、

その意味は出て来なかったので、初めて知られる方も

多いのではありませんか。


 序でに、メトロ・マニラのフィリピン標準タガログ語だと、

フグはブテテ(Butete)になりますが、

やはり同国の方言はどこか似通っています。


 所で皆さんは、特にお互いの現地言葉が良く分からない

外国人との円滑なコミュニケーションをする切っ掛けを、

どう作っていますか


 私は平生、東南アジアでは、

相手の警戒心を解放して笑顔にさせる術を使っています。


 そう、それが挨拶です


 何か何処かで対面したり、擦れ違いざま目が合ったりした時、

明るく気さくに心をこめて、

「おはよう,こんにちは,こんばんは」

「ありがとう,どういたしまして」

「久し振り,元気だった?,又会いましょう」

「良かった,快適だった,美味しかった」

「失礼ですが…,失礼します,失礼しました」

等々を、出来るだけ現地語・方言で、調べられず知らなかったり

分からなかったら、相互に分かる言葉で是非呼び掛けてみましょう。


 改めて考えて、実践して見れば、とても簡単な事ですね。


 挨拶ほど直ぐに効果のあるものはありません。


 本来、ラテン系な東南アジア人の心を、

いとも簡単に解きほぐす術です。


 皆さんも、普段自ら積極的に挨拶をしているでしょうか


 飽くまで“されてからする”のでは無く、

“始めに自分がする”んですよ。


 別けても外国へ出た時はどうですか


 いつも以上の事を急にはなかなか出来ませんから、

今日も実行動してみましょう


 取り敢えず、警戒心が強く近寄ると直ぐ逃げてしまう

ボテーテ君へ笑顔で優しく挨拶してみます。


 但しとことん言葉掛けを交わすだけにしておきます、

だって、彼はふぐ毒のテトロドトキシンを持っていますから、

言わずと知れた肝臓は猛毒だし、筋肉でさえ毒性があって、

とても食べられたものではありませんよ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ボテ〜テ!! それでもセブの海が好き!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる