それでもセブの海が好き!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 区別無き贔屓

<<   作成日時 : 2010/06/16 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


 擬態して保護色も使っているので、ぱっと見では分かり難いかも

しれませんが、オオモンカエルアンコウさんです。


 こんな恰好をしているからか、泳ぐのは下手らしく、

胸ビレが変化した足で海底をこんな風に歩いて移動します。


画像画像画像画像画像

画像画像画像画像画像



 このカエルアンコウさんは姿形の滑稽さと歩き回る様が

面白いので、結構有名人であり多大なファンを抱えている

らしいです。


 旧名はオオモンイザリウオと言いましたが、

私も知らなかったのですけど、「躄(いざり)」という言葉が

足の悪い人・不自由な人を表し、「躄る(いざる)」では

ひざや尻を下につけたまま進む意味で、

差別表現の放送禁止用語になっている為、

オオモンカエルアンコウに改名されました。画像


 他方では、頭部にエスカと言われる疑似餌の付いた突起があって、

これを震わして小さな魚や甲殻類をおびき寄せ、

一瞬にして獲る漁をする所から「漁り魚(イザリウオ)」

とする説もあったのですが…。画像


 差別用語も根本的ながらかなり難しい問題です。


 皆様も知らず知らずの内に、差別表現とは全く思わず、

例えばついこんな言い回しをしていませんか


 「この書類にめくら判を押して置くよ」

      (言い換え語:ろくに見ないで判を押す)。

 「そんなやり方じゃあ片手落ちだね」

      (言い換え語:気配りに欠ける,不公平)。

 「そんな交渉は気違い沙汰だ」。

 「事業によって景気が跛行している」。

 「君はブラインドタッチが出来るんだね」

      (言い換え語:タッチタイピング)。


 万全を期して全く使わないに越した事はありませんが、

基本はとにかく相手や周りの方々に不快感や嫌な思いを

与えない様にすれば良いと考えています。


 これを機に改めて、こんな問題についても

お互いに「啓蒙」し合えたら良いですね。


 あっ、スミマセン。


 「啓蒙」もなるべく使ってはいけない表現でした、

重ねて相互に「啓発」し合いましょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
区別無き贔屓 それでもセブの海が好き!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる